キャットフードランキング

高タンパク高脂肪のキャットフードは酸化させない保存方法で!

猫ちゃんには高タンパク高脂肪のキャットフードを

体が小さいので基礎代謝が高く、かつキレイ好きで健康にも気を遣うのが猫ちゃんですね。
そんな猫ちゃんには高タンパクで高脂肪のキャットフードが最適ですって。
エネルギーと細胞分子のアミノ酸をたっぷり含んだフードが良いのです。

タンパク質には大きく動物性のものと植物性のものがありますでしょ。
それぞれアミノ酸による合成が違いますので、消化機関も少し違うそうです。

肉食の猫や犬は動物性タンパク質を分解吸収するのに適した胃腸を持っていて、
牛や羊などの草食動物は植物性タンパク質にあった長めの腸と特殊な胃を持っています。
もちろん肉食動物でもある程度は植物性タンパク質を利用することが可能です。

脂肪に関しても動物性の脂肪が好ましいようです。
安いキャットフードには植物油をたっぷりとまぶしているカリカリも多いですよ。

猫ちゃんは魚の脂肪が大好きでしょ。
動物性にはオメガ3脂肪酸などの不飽和脂肪酸が豊富で、
悪玉コレステロールを減らし、肝機能を改善する効果も高いですね。

 

市販のキャットフードの傾向

これまでのキャットフードにはタンパク質には穀物や野菜からの植物性タンパク質を
多く含んだものが多かったですね。そのせいで毛並や肌が衰えたり、下痢を起こしたり、
免疫力低下や肥満になったりしていたのですって。

基本的には動物性の脂肪が十分なお肉中心のキャットフードが良いと思いますよ!
もちろん人工の添加物を使わない安全なフードにしたいですね。

高タンパク高脂肪のドライフードは防腐剤などを添加しないとすぐに痛んでしまいます。
特に脂肪が酸化すると、悪玉コレステロールが増えて血管を劣化させたり、肝臓・腎臓
の機能を低下させるようです。全ての食材は酸化しますから、できるだけ酸素に
触れさせない様に丁寧に保存する必要があるのですって。

空気中には雑菌も浮遊していますので、空気に触れない状態での保存方法が一番です!

 

買ってきたキャットフードはどうしていますか?

1kgパックなら大人の猫でも食べきるのに2週間以上はかかるでしょ。
温度管理や衛生管理をして保存しなければ、相当に酸化や腐敗が起こります。
(酸化防止剤などがたっぷり入っていれば痛まないが、それは危険なフードですから)

できれば小分けしてあるフードが好ましいですね。
それを1日分毎にさらに小分けして、真空のタッパや袋に入れ替えるのです。
空気を抜く機能の付いた小袋も売っていますので、簡単にできると思います。

後は冷凍保存をすると確実に鮮度が保てますよ。

それから複数を買い置きするのも良くないですね。
温度管理が不十分ならば、開封していなくても劣化しますからね。
良質でナチュラルなフードは生もの扱いに思うぐらいでちょうど良いようです!

保管

ローテーションやフリカケが必要ない良質なキャットフード!

ローテーションやフリカケは必要でしょうか?

なかなかキャットフードが定着しないと、多くの飼い主さんが頭を悩ませています!
そんな飼い主さんが工夫を凝らして、何種類かのキャットフードをローテーションしたり、
食べ飽きてきたらフリカケや猫缶をまぶして、何とか食べさせようと努力していますね。

こそで、ローテーションは必要だと考えている飼い主さんに試していただきたいのが、
ナチュラルでホリステックな良質なキャットフードです。

今やカナガン・チキンやニュートロ・ナチュラルチョイスなどはとても人気ですよね!

スーパープレミアムと呼ばれるこだわりのキャットフードを選んでいる飼い主さんは
口々に「ローテーションの必要がなくなった」と言っていますよ。

1か月しても、半年たっても毎日しっかりと食べてくれるとの喜びの声が多いのです。
あれ程好き嫌いをいっていた猫ちゃんが、どうしたのかしらと話していますよ。

 

キャットフード自体に危険を感じている猫ちゃん

その理由はそれらのキャットフードが猫ちゃんに警戒心を抱かせないからです。
市販されている多くのキャットフードは、猫ちゃんが好きな匂いや味に整えられています。
ですから、猫ちゃんは真っ先に飛びつくのですね。

でも、しばらくして体調が変わってくると、今度は食べているフードを警戒しだします。
この時期がちょうど猫ちゃんがそっぽを向く時期だと言われていますよ。

それで、あまり食べたがらなくなります。
飼い主さんはこれは大変だと、またローテーションをしますでしょ。
食べ物が変われば、またしばらくは食べるを繰り返すのですって。

 

当たり前のご飯としてのキャットフードとは

ローテーションやフリカケをしなければ食べない状態は、猫ちゃんには辛い時期ですね。
決して好き嫌いで食べない訳ではないのですって。だって猫ちゃんは味覚音痴なのです。
それが証拠に、猫ちゃんは自分のウンコだって食べてしまうでしょ!

多くのキャットフードには大量の合成添加物が含まれています。
それで、体調が悪くなると直感的に食べ物を警戒するようになるのですね。

ですから、野生の猫が食べるような食材からナチュラルに造られたキャットフードで、
栄養バランスがよく、普通の肉や魚の匂いがすれば猫ちゃんはご機嫌で食べるのです。

そういった経験談をネットで確認することができます。
詳しくはそれぞれの公式サイトをご覧になって参考にしてみてください!

プレミアムフードに不満な飼い主さんが選ぶナチュラルなキャットフード!

プレミアムフードでも十分ではない

最近では人の食べるレベルの食材で作るナチュラルなキャットフードが人気ですね。
これまでのキャットフードには満足していない飼い主さんがたくさんいるのです。

ナチュラルフードと既存のキャットフードとの違いは何でしょうか?

大手のプレミアムフードを例にとってみましょう。
紹介するのは日本で最もポピュラーなキャットフードの成猫用です。

この成分表示を見ますと、全体の70%ぐらいを占めている食材には、
家禽・ミート、動物性脂肪、米、植物性分離タンパク、とうもろこしの成分があります。

まず家禽・ミートですが、これは鶏と七面鳥が由来だと明記してありました。
本来は鶏肉や七面鳥肉と表示したいのですが、このうちに肉副産物があるのでしょう。
フェザーミールや腱・筋あたり、あるいはトサカや爪も含まれるかもしれませんね。

これは栄養バランスが良くないです。脂肪やビタミン・ミネラルの含有率も違いますし、
なにしろ消化し難い部位でもありますから、食用には適さないと言われていますね。
そのために薬剤などで吸収しやすく加工したりするので安全ではありませんよ。

 

コストカットのための穀類

そして、米にとうもろこしの穀類が続きます。
植物性タンパク質も大豆や穀類からの抽出物でしょう。
どれも猫ちゃんのアレルゲンになる成分ですね。

ナチュラルフードではグレインフリーのフードも多いです。
穀物を使っていても、食物繊維などのために少量を配合するだけですね。

とにかく高額なプレミアムフードでも、このレベルの食材を使っているのは残念です。
そして質の劣る食材で栄養バランスを取るために大量の添加物を混入します。
それは体に蓄積されて、さまざまな機能障害をもたらすのですね。

保存料としてBHAや没食子酸プロピルを使っているのもどうでしょうか?
着色料や香料は無いにしても、このあたりも不安な材料ですね。

 

これぐらいは問題ないとの意見もあります

確かに大袈裟な話だと捕える意見もありますが、実際に年を追うごとに
アレルギーなどの生活習慣病が増えている現実はどう考えればいいでしょうか?

やはり日々の食習慣による食害だとの意見が多いでしょ!

ですから、多くの飼い主さんが安全なナチュラル・フードを求めているのですね。
人間でも食べられるレベルの肉や魚をそのまま使用して、余計な添加物を使わずに
安全にそして丁寧に造られたキャットフードです。

衛生面や温度管理がしっかりなされていますので、品質も保たれていますね。
やはり猫ちゃんの健康を考えたキャットフードを食べさせてあげたいものです!

たっぷりの添加物で栄養バランスを整えるキャットフードはダメ!

マンションで呑気に暮らしている猫ちゃん

マンションの一室で、ごろごろしながら暮らしている猫ちゃん。
そんな生活をしている猫ちゃんはとても幸せそうですよね。

暖かい日差しが降り注ぐ窓辺のテラスでゆっくりとお昼寝をする。
ストレスもなく、毎日おいしいものを食べて良い夢を見ている事でしょう。

でも、ちょっと待ってください!そんなリッチな暮らしにも落とし穴があります。
私たちから見れば最高のライフスタイルですが、実は猫ちゃんには少々退屈です。

夜行性で縄張りをうろうろする事が大好きな猫ちゃんですから、
狭い空間では意外とストレスが溜まるのですって。

また、食事にも問題があるかもしれません。猫ちゃんはネズミや小鳥のような
動物性の高タンパク質がたっぷりで、脂身が濃い食べ物が好きなのです。

今食べさせているキャットフードの成分表示には何と書いてありますか?

 

栄養バランスの悪い一般的なキャットフード

栄養バランスのしっかりしたお肉や魚がたっぷり入っているでしょうか?
よく見れば、主成分が穀物ばかりになっているかもしれませんよ。

世界的に食糧事情が悪化して半世紀が立ちます。
食品の多くが様々な添加物でコストダウンをして大量生産をしているでしょ!

キャットフードでもそれは同じで、素材の悪さと量の不足を補うために、
肉や魚に替わる安い食材を大量に混ぜて作っているものが多いのです。

最も安価なのが小麦とトウモロコシです。家畜の肥料にも使われていますよね。
キャットフードも穀物の団子になっていると言っても過言ではありません。

そんなキャットフードを食べながら、マンションでじっとしているなら、
猫ちゃんはちょっとしんどいと感じているかもしれませんよ!

 

炭水化物で肥満化する

日本でも肥満の猫ちゃんが全体の3分の1以上になっていると言います。
運動不足と糖質過多で肥満化しているのは明白ですね。

本来は栄養源にならない炭水化物が多いので、つい満腹感が得られないようですね。
そのせいもあって食べ過ぎてしまうなら可哀そうではありませんか!

猫ちゃんには、良質で動物性の高タンパク高脂肪の食材をナチュラルに料理した
人工の合成添加物を使わないキャットフードが適しています。

素材が良ければ栄養バランスは取れます。栄養補助のための添加物さえ要りません。
人がそのまま食べられるレベルの肉や魚を使ったこだわりのキャットフードを
愛する猫ちゃんには食べさせてあげたいものですね!

アレルギーの症状が出る前にキャットフードを見直して体質改善を!

アレルギーの原因は蓄積された不純物

肌に赤い湿疹がでたり、毛並みがパサパサしているとしたら
それはアレルギー性の皮膚炎の始まりかもしれませんよ!

免疫障害はまず肌から現われると言いますから、
普段から毛並みや肌のチェックをしておきたいものです。

アレルギー性皮膚炎によく見られる症状は、初期症状としては顔周辺、足、
下胸部、腹部に痒みが起こります。猫ちゃんが引っ掻いてさらに悪化しますので、
皮膚感染症や耳の疾患が現れるのです。地肌が赤くただれているのがそうですよ!

放っておけば肌組織が破壊されて脱毛症になってしまいますね。

 

そもそもアレルギー体質って何?

アレルギーと聞くとすぐにアレルゲンの特定を考えるようですが、
それはいわゆるスイッチでしかありません。

今まで大豆に小麦、豚肉だけだったとしても、明日はさらに大麦や鶏がアレルゲンに
なっているかもしれません。はっきり言ってアレルゲンはどんどん増えていきます。

そもそもアレルギー体質って何でしょう?

それは体に溜まった不純物が毒性を帯び、身体機能を阻害する事で始まるのですって。
体に在ってはいけない物質が蓄積されて、排除できなくなるとアレルギーが発症します。
キッカケは小麦かもしれません。でも小麦を摂取しなくても体質は変わらないのです。

免疫機能は体を守るために絶えず緊張状態にありますでしょ。
そうしているうちに、細菌と間違えてタンパク質を怪しんでスイッチが入るのです。

 

キャットフードを見直してみる

最も良い治療法は食事療法による体質改善と言います。
私たちも最終的にはその治療で完治する事ができていますね。

さて、毎日食べているキャットフードはどうでしょうか?
毒素になる不純物がたっぷりと入っているのではないでしょうか!

人工の合成添加物や猫ちゃんにとって消化吸収に不向きな
植物性タンパク質である穀類などがたっぷり含まれていませんか?

治療に良いキャットフードとは、タンパク源の肉・魚には飼料にも化学合成添加物
やホルモン剤、抗生物質、成長促進剤などを使用していない健康な身肉のものです。

アレルゲンになりやすいグルテンや大豆を避け、オーガニックな根菜類を使用。
栄養補助のためのビタミン・ミネラルの添加も天然物を心掛けているメーカーさん。
そのような安全なキャットフードで、これ以上の不純物をカットする事ができます。

後はちゃんと運動をさせて、新陳代謝を高めて体質改善をすることにつきますよ!