100%ナチュラルで安全なキャットフードを選んであげて!

100%ナチュラルが良い

最近のキャットフードにはナチュラルやホリステック、オーガニックなどの言葉を
見る事が多くなりました。ネットで検索するとこだわりのブランドがヒットしますね。

これは食材を限定する言葉です。自然のままのとか人間が食べられるレベルの食材、
無農薬・残留薬剤なしというように、今までの劣悪な食材を否定する言葉なのです。

動物はそれぞれ食べるべき食餌を自分たちで限定しています。
野生に見る食餌こそが基本的に彼らに適した食べ物なのですね。
それ以外の成分はむしろ不必要であり、有害にもなるのですって!

100%ナチュラルなキャットフードとは、
肉食の猫ちゃんが食べる野鼠やモグラ・小鳥などの小動物に含まれる栄養素であり、
そのバランスもそれら小動物に準じている方が良いのですね。

 

100%ナチュラルとは自然のままという事

タンパク質は動物性であるべきですし、脂肪も肉・魚に自然に含まれる形が良いです。
廃棄される残骸の肉類ではなく、肉身・魚身を自然のままで使ってほしいのです。

それは簡単な事です。私たちが食べる食材をそのままブレンドすれば良い事ですね。
猫ちゃんには特別な加工は必要ないですし、調味料も要らないです。
只、生の食材を切ったり練ったりするだけでいいのです。

それだけにごまかしが効きません。
そして良質な食材を揃えるには、それなりにコストが掛かりますね。

また、合成添加物や精製した穀類や砂糖も添加しない!
そんなキャットフードが望ましいのですね。

アレルギーの原因では80%がジャンクフードによるといわれます。
合成添加物を排除することで治るケースが非常に多いのもそのためですね。

 

100%ナチュラルなキャットフード

安全なキャットフードはネットで見つかりますよ!
カナガンチキンやオリジン、ニュートロ、K9ナチュラルなどは
真面目に丁寧に猫ちゃんの食事を作っているメーカーさんですね。

もちろん、食材さえ良ければそれで良いとはなりません。
食材の輸送から工程全般の衛生管理・温度管理が徹底しているメーカーでなければ、
出来上がったキャットフードも台無しですよね。

そして飼い主さんが、痛みやすいという認識をもって保存する事も大切です。
猫ちゃんにはいつも安全で美味しい食事を上げたいですからね!

毛玉ケア用と一般用フードの違い?

051218毛玉ケアタイプのキャットフードを出しているメーカーさんて多いでしょ。
ミドルクラス以上ではもう一般的になったと言えますよね。

ですが、こだわりやナチュラルレベルになると、
わざわざ毛玉用とかphコントロールなどのバリエーションが無いメーカーもありますね。
年齢別すら設けていない高級キャットフードも良く見かけます。

毛玉との違いは何?

違いは何でしょうか?

特に毛玉用は基本的に食物繊維量を倍増させるなどの対応が多いようです。 「毛玉ケア用と一般用フードの違い?」の続きを読む…

キャットフードで下痢してるの知りませんでした・・・。

022427可愛い子猫ちゃんは指を口にあてると、チュウチュウ吸い付いてきますよね。

そんな頃の体験談です。

この子のご飯はカリカリをぬるま湯にふやかしてあげていました。
美味しい美味しいと食べてくれるので、それは良いのですが・・・・。

家に来てから3週間ですが、いつも軟便気味で時々下痢をしていたのです。
離乳後の固形食だからまだ慣れていないと、様子を見ていやのですが、
ちょっと長いように思い、取り敢えずカリカリは止めました。

手作りにしました

何が良いのかと悩みなしたが、手作りで鶏のささ身と鶏皮
ひき肉にして食べさせることにしたのです。 「キャットフードで下痢してるの知りませんでした・・・。」の続きを読む…

美味しいキャットフードの探し方

名前だけ有名なキャットフード

067243「本当に猫ちゃんにとって安全で、美味しいキャットフードはないかしら?」

と探している御主人様は多い事でしょう。

テレビやネットには「これこそ猫ちゃんのためのキャットフードです!」と大々的に宣伝するでしょ。

それでいて、なぜか手ごろな価格になっているのです。
広告費も莫大にかかっています。いくら企業努力と言ったって限界があるはずです。 「美味しいキャットフードの探し方」の続きを読む…

去勢済み様のキャットフードも良く選んで!

24cd73e75c109b3f515e7ae4dc086ba0_sオスの猫ちゃんならば、去勢をするかしないかと言う問題がありますね。

虚勢済みの猫ちゃんなら発情期に暴れたり、いたずらしたり事も少なくなりますし、
周りの猫ちゃんを妊娠させる事も防げますね。

でも、猫ちゃんにとってはちょっと可哀想な事でもあります。
オスとしての能力を奪ってしまう事もきっとストレスになるのかもしれません。

ホルモンバランスが乱れますので、体調の変化も心配です。
特に内分泌性の皮膚炎が出来易いと言います。胸部の後方、後ろ足の内側、
わき腹などに左右対称に脱毛が起こることがあるそうです。

またホルモンバランスを崩すと太り易くなるのも問題でしょ。
それにおとなしくなるので運動量も減りますから、ダブルパンチで太ってします。 「去勢済み様のキャットフードも良く選んで!」の続きを読む…