ローテ―ションが必要ないキャットフードとは?

ローテションをしている飼い主さんへ

「ウチのニャン子ったら、また飽きちゃったみたい。
まだ変えて半月も立っていないのに・・・いやになっちゃう。」

そういってキャットフードをローティションしている飼い主さん!
ほんとうに猫ちゃんはそれほど好き嫌いが激しい動物ですか?

飼い主さんの中には3、4種類ほどのキャットフードを
こまめにローテーションしている方が多い様ですが、
猫はそんなに飽きっぽい性格なのでしょうか?

もし、野生の猫であればどうでしょう。
好きな獲物を捕まえて、豊かな食生活をエンジョイしているでしょうか。

そもそもお腹いっぱいに食べる事もできませんし、
捕まえられる小動物の種類も随分と限られています。
飽きてしまって食べないという食習慣ではないそうですよ!

キャットフードの質に問題あり

では、なぜお宅の猫ちゃんはそんなワガママをいうのでしょう?
もしかしたら、そのキャットフードに問題があるのではないかしら。

ひとつには猫が純粋な肉食動物であるという事があります。
キャットフードの成分をチェックしてみると、ほとんどが穀類ですね。
単価の安い小麦粉かトウモロコシがベースです。その中に劣悪な肉の残骸
や魚クズを練り込んで、足りない栄養素は人工的に添加しています。

また、加工や保存を効率よく行うために健康に害のある保存料もたっぷりです。

こんな風にして作られたキャットフードを敏感で注意深い猫ちゃんが
黙って食べ続ける筈がないのです。食べているうちに体調の異変を感じ、
やがて食事を疑い出します。だから食べなくなってしまうのですって。

安心して食べられるキャットフード

近年では人の食べるレベルの良質な食材で、肉か魚のタンパク質と
脂肪がたっぷりのナチュラルなキャットフ―ドが評判になっていますよ。

無添加で猫ちゃんにとって適した食事に仕上がっているので、
いくら食べても飽きないキャットフードとして多くの飼い主さんが選んでいます。

この様なこだわりのプレミアムフードを選ぶなら、
飼い主さんもローテンションで頭を悩ます必要もありません。
基本的にフリカケをまぶして食べさせる必要さえなくなりますよ。

ローテーションは目先の変化で、猫ちゃんをだましている様なものです。
猫ちゃんは小食ですが、エネルギーの消費は激しい動物です。
ですから、エネルギー源になる動物性タンパク質と動物性脂肪分を
しっかりと摂れるキャットフードを選んであげてくださいね。

キャットフードの良い保存方法と食べさせ方

良いキャットフードは良い状態で食べさせたい

口コミサイトなどの評判から、カナガンやアカナ・オリジン、ファインペッツ
といった超プレミアムなキャットフードを選んでいる飼い主さん!

ナチュラルでこだわりのキャットフードをご購入なさった時の保存方法や
食べさせ方はどうの様に気を使っていらっしゃいますか?

まず、保存方法では腐敗させない事と酸化させない工夫が必要ですよ。

一般のキャットフードには痛まない様に防腐剤がたっぷりまぶしてあります。
それから油分はすぐに酸化(サビ)するので、酸化防止剤もかなり入っています。
ですが、これら化学合成の薬品は体にとってはたいへんに危険なのです。

無添加なキャットフードにはこのような薬を使用しませんので、
適切な保存方法をしないと、すぐに痛んでしまいますよ!

保存方法は冷凍が最適です

キャットフードのパックはできるだけ小さい方が良いですね。
複数飼いの時のみ大きなパックを買う様にしましょう。

購入したキャットフードはすぐに小分け処理をします。
1日分ごとに真空パックするのが有効な保存方法ですよ。

空気抜き機能が付いたジプロックやタッパにグラムを計って小分けします。
しっかりと空気を抜いたらすぐに冷凍庫に保存してください。

食べさせ方としては1時間前に冷凍庫から出して、
自然解凍をしてからニャン子にあげてくださいね。

食べさせ方のコツ

食べさせ方にもコツがあります。
ご飯を上げる時に気を付けたいのが食器の衛生管理です。

キャットフードを入れる前に食器をしっかりと洗って、
水分を完全に拭き取ってあげると安心ですね。
また、その時は常温のお水もたっぷりと用意します。

あまりお水を飲まない様であれば、骨だしのスープを与える手もあります。
具は入りません、鶏ガラでも魚の骨でも、あるいは本だしのスープでも
冷ましたスープなら猫ちゃんは喜んで飲んでくれますよ。

そして、出した食事は30分ぐらいで処分しましょう。
それ以上置いておくと酸化が始まり、痛みだす危険もあります。

ですから1回に食べる分量を見極めてあげる様にしてください。
特に梅雨場は長く置きっぱなしにしない方が良いですね。

猫はとても用心深く、几帳面な動物です。
ちょっとした不安感で食べる事を止めてしまう慎重タイプなのです。

ですから飼い主の皆さんも保存方法と食べさせ方には慎重に!
もちろんキャットフードの質にもこだわりたいものです。

おやつとフリカケ、あくまで臨時のキャットフード

おやつやフリカケばかり好む猫ちゃん

おやつが大好きな猫ちゃんがいます。
また、カリカリが大嫌いでフリカケを掛けなければ
ちっとも食べてくれない甘えん坊の猫ちゃんも多いそうです。

それから高価な猫缶やウエットタイプのキャットフードばかりを
食べたがる猫ちゃんに手を焼いている飼い主さんも多いですよ。

でも、なぜそんな事になってしまうのでしょうか?
純粋にドライのカリカリを食べてくれないのは何故でしょう。

それは間違いなくキャットフードが合っていないからでしょう。
市販のキャットフードは小麦など穀類のお団子のようなモノ、
肉食の猫には栄養バランスが全く合っていないと言いますよ。

それをごまかすために消化吸収がし難い添加物を混ぜています。
毒性も強い化学成分も多く配合されますから、猫ちゃんは
危険視して食べない様に自己防衛しているのですね。

ですから、まずは信頼のおける無添加なナチュラルフードを
愛する猫ちゃんのために選んであげてくださいね!

おやつやフリカケをあげるタイミング

おやつやフリカケはちょっとしたご褒美としてあげると良いですね。
お利口にお留守番をしていた時や可愛いしぐさを見せた時にひとかけら
口に入れてあげるなら、余計なカロリー摂取にはなりませんよ。

また、体調が悪い時や食欲が優れない病み上がりにあげる事もできます。
それは元気になるまでのつなぎで、ちゃんとしたけじめが大切です。

しつけが不十分ですとすぐに甘えてダメ猫になってしまいますし、
過食のきっかけになって、メタボや肥満の原因にもなりますからね。

そして与えるおやつやフリカケ自体にもこだわりましょう。
市販のクッキーやジャーキーなどには、着色料や香料が入っていますし、
嗜好性を上げる為に人工的な味つけがしてあって危険ですよ。

たまにしか食べないおやつでも、劣悪な品質のものを食べてしまうと
健康にはマイナスになります。ナチュラルなキャットフードと同様に、
100%無添加にこだわった高品質のトリーツを選んであげてくださいね!

ネットではこだわりのおやつやフリカケがいくつも紹介されています。
犬猫自然食本舗などでも国産のこだわりトリーツを用意しています。
詳しくは公式のホームページで確認してみてくださいね!

猫が気まぐれだからローテーションが必要だと言うけれど!

ローテーションは猫ちゃんに必要か?

3種類ぐらいのキャットフードを用意してローテーションをする飼い主さん。
多くの方が期間を決めて意識的にローテーションをしているとネットにあります。

1週間ごとに変えるなんて飼い主さんも大変な苦労をしていますね。
替える時までは、フリカケや猫缶をまぶしてもたせるなんて事もごく普通です。

このように大変多くの方がローテーションは必要だと思っているようですね。
気まぐれな猫ちゃんに喜んでもらうために懸命に頑張っているのです。

その気持ちはとても大切ですよね。でも、喜んでる理由はどうでしょうか?
違った味を味わえるから喜んでいるのでしょうか?

 

猫ちゃんの味覚事情

猫ちゃんにとって美味しいとは、安全で健康に良いという事だと思いますよ。
何故なら猫ちゃんの舌には、ほんの少ししか味覚センサーの味蕾が無いからです。
それは単純に食べ物の違いが分かる程度なのですって。

最近は猫ちゃんにもアレルギーを始めとする生活習慣病が蔓延しているでしょ!
ほとんどが食物による健康被害で、キャットフードのせいなのですって。

猫ちゃんがある日突然、キャットフードにそっぽを向くのはこのせいですね。
そのキャットフードが健康に悪いと直感するからですよ。

 

気まぐれではなく、用心深いのです

家庭の猫ちゃんでも用心深く過敏な神経を持っているものです。
野生の防衛本能が高い猫ちゃんですから、疑惑を持った時点でそっぽを向くのですね。

ジャンクフードと言われるものは人工の添加物がたっぷり入っています。
化学合成物質は代謝では排泄しずらく、体に蓄積すると様々な病気を発症します。

また精製された純度の高い糖質もそうです。精製穀物は大敵ですよ。
食物繊維やミネラル補給ならば全粒粉をわずかに使うだけに控えたいものです。

安全で自然に近いキャットフードであれば、基本的にどれでも喜んで食べますし、
何かの都合で他のものに変えるにしても問題はありません。

猫ちゃんはけして気まぐれだけでキャットフードを拒否する事はないですね。
カワイイだけではなく、本当に賢い動物なのですよ!

ローテーションしたりフリカケでキャットフードを食べさせるのは!

ローテーションは猫ちゃんのため?

キャットフードのローテ―ションをしている飼い主さんが大変多いですね。
ネットの口コミやブログには、ローテーションをするのは猫ちゃんに良い事、
ローテーションでアレルゲンの蓄積を避けられるという意見でいっぱいです。

ですが、本当にそうでしょうか?
ローテーションをする理由は、猫ちゃんが飽きてしまうからだそうです。
10日もしないうちに飽きてしまうといった話さえ見られますでしょ。

ですから2,3種類のキャットフードとフリカケなどの副食を使って、
上手に手を替え品を変えて食べさせているというのですね。

 

同じものを食べると飽きてしまうのか?

結論から言えば、飽きることはないそうですよ。
飽きるかどうか!という以前に、もともと猫ちゃんは味が分からない様です。

猫ちゃんの舌にある味覚器官は、その数がとても少ないと言われています。
人間の場合にはなんと10,000個前後もある味蕾(味覚センサー)が、
猫ちゃんには750個程度しかないのです。もっと少ない子もいるそうですよ!

これでは大雑把な味の違いしか感知できないですよね。
それなのに、まるで飽きてしまったかのように食べ物からそっぽを向く!
いったいどういう事なのでしょうか?

 

キャットフードを警戒している

猫ちゃんはそのキャットフードが体にとって良くないと理解したのでしょう。
猫ちゃんは相当に用心深く繊細な神経を持っていますでしょ。
危険に対しては非常に敏感なのですね。

キャットフードの不純物のせいで体調が悪くなっていると判断すれば、
例え匂いが良くても、脂の濃い味がしても食いつかなくなるのですって。
ローテーションやフリカケでごまかしても、ある時点でまた察知します。
それに保存が悪くて酸化してしまえば、それでも食べなくなりますよ。

もし、精肉店で買ってきた自然のままの生肉を赤身・脂身・内臓を混ぜれば、
けっして飽きずに食べ続ける事でしょう。毎日同じ肉でも食べ続けますよ。
猫ちゃんは本来そういう食事をしてきた肉食動物なのですね。

ローテーションしなければ食べないのは、キャットフードが危険だからです。
フリカケも危険物が含まれていれば、やがては食べなくなりますよ。

キャットフードを選ぶ時は成分や加工方法をチェックして、
人工添加物のない安全な物を選びたいものですね!