キャットフードランキング

猫ちゃんには魚や鶏肉でもアレルゲンになることがある

アレルゲンを持つ猫ちゃんには

ジャンクフードのせいでアレルギー体質になってしまった猫ちゃんは沢山います。
動物病院ではステロイドで免疫を弱らせておいて抗生物質で雑菌処置をする。
根本の解決にはならない危険な対処治療をしています。

アレルゲンを特定しても、不良なキャットフードのせいでさらにアレルイギーが
進行して、いよいよ食べるものがなくなっていくという悪循環になっています。
こんな生活環境では、猫ちゃんも本当に可哀そうですよね!

もしアレルギーになってしまったら、根気よく根本治療をするに限ります。

まず、今食べているキャットフードを見直すことができます。
合成添加物の一切ない、製造管理のしっかりしたナチュラルなものを選ぶのです!

 

植物性タンパク質には気を付ける

アレルゲンになるのは基本としてタンパク質ですので、
キャットフードに含まれているタンパク質の種類に気を付けます。

取り敢えず、植物性タンパク質はしっかりとチェックした方が良いですね。
猫ちゃんには植物性タンパク質の消化吸収がうまくできないからです。
そこで、穀類フリーにしてみる事は効果的ですよ。

そして豆類もある程度少ないものを選んだ方が良いでしょう。
根菜類やフルーツも食物繊維やミネラル・ビタミンに少々あれば十分ですね。

選ぶなら動物性の高タンパク高脂肪のキャットフードがベストですよ!

 

魚や鶏がアレルゲンになる事もある

そんなキャットフードのなかから主食材の肉を選びます。

鶏や魚は意外とアレルゲンに成りにくいですから、そのあたりから選べますよ。
もし、鶏や魚でもアレルギーが出るならばラムや馬にすると良いでしょう。
牛・豚も試す事は出来ますが、最後にしたほうが良いですね。
なぜなら猫ちゃんには苦手な子が多いからです。

アレルギー体質の改善には時間が掛かるといいます。
根気よく危険物質を体から排泄させていく努力が必要ですね。
代謝を上げる為に水分をしっかりと摂り、しっかりと運動もさせたいです。

それから、ハウスダストや花粉、ダニやノミもアレルゲンですので、
生活環境を改善する事も効果的ですよ。

キャットフードランキング

コメントを残す