キャットフードランキング

プレミアムフードに不満な飼い主さんが選ぶナチュラルなキャットフード!

プレミアムフードでも十分ではない

最近では人の食べるレベルの食材で作るナチュラルなキャットフードが人気ですね。
これまでのキャットフードには満足していない飼い主さんがたくさんいるのです。

ナチュラルフードと既存のキャットフードとの違いは何でしょうか?

大手のプレミアムフードを例にとってみましょう。
紹介するのは日本で最もポピュラーなキャットフードの成猫用です。

この成分表示を見ますと、全体の70%ぐらいを占めている食材には、
家禽・ミート、動物性脂肪、米、植物性分離タンパク、とうもろこしの成分があります。

まず家禽・ミートですが、これは鶏と七面鳥が由来だと明記してありました。
本来は鶏肉や七面鳥肉と表示したいのですが、このうちに肉副産物があるのでしょう。
フェザーミールや腱・筋あたり、あるいはトサカや爪も含まれるかもしれませんね。

これは栄養バランスが良くないです。脂肪やビタミン・ミネラルの含有率も違いますし、
なにしろ消化し難い部位でもありますから、食用には適さないと言われていますね。
そのために薬剤などで吸収しやすく加工したりするので安全ではありませんよ。

 

コストカットのための穀類

そして、米にとうもろこしの穀類が続きます。
植物性タンパク質も大豆や穀類からの抽出物でしょう。
どれも猫ちゃんのアレルゲンになる成分ですね。

ナチュラルフードではグレインフリーのフードも多いです。
穀物を使っていても、食物繊維などのために少量を配合するだけですね。

とにかく高額なプレミアムフードでも、このレベルの食材を使っているのは残念です。
そして質の劣る食材で栄養バランスを取るために大量の添加物を混入します。
それは体に蓄積されて、さまざまな機能障害をもたらすのですね。

保存料としてBHAや没食子酸プロピルを使っているのもどうでしょうか?
着色料や香料は無いにしても、このあたりも不安な材料ですね。

 

これぐらいは問題ないとの意見もあります

確かに大袈裟な話だと捕える意見もありますが、実際に年を追うごとに
アレルギーなどの生活習慣病が増えている現実はどう考えればいいでしょうか?

やはり日々の食習慣による食害だとの意見が多いでしょ!

ですから、多くの飼い主さんが安全なナチュラル・フードを求めているのですね。
人間でも食べられるレベルの肉や魚をそのまま使用して、余計な添加物を使わずに
安全にそして丁寧に造られたキャットフードです。

衛生面や温度管理がしっかりなされていますので、品質も保たれていますね。
やはり猫ちゃんの健康を考えたキャットフードを食べさせてあげたいものです!

キャットフードランキング

コメントを残す