キャットフードランキング

カリカリとウエットタイプ、どちらを猫ちゃんにあげますか?

カリカリって何?

よくネットで、キャットフードの事をカリカリと言いますでしょ。
あれはフードが乾燥しているので、カリカリすることから呼ばれるのです。

一般的には総合栄養食を示す言葉ですよ。猫ちゃんが毎日食べるお食事です。
それだけで猫ちゃんが健康に暮らせる栄養バランスになっていますね。

ウェットタイプのフードは猫缶に代表される水分率の高い汁物フードの事です。
水分補給がとても大切な猫ちゃんは、ウェットタイプを好む場合が多いですね。
汁には猫ちゃんの大好きな脂分が浸みだして、匂いも強く感じるのです。

値段はカリカリの方が安いので、一般的には主食にしている方が多いです。
乾燥させてあるし小粒なので、保存など扱いやすい事もあります。

 

高級フードとしてのウェットタイプ

ウェットは生ものが多いので、すぐに酸化したり痛んだりと扱いに注意です。
ですので、封を開けると短時間で食べきらなければならないですね。

重量もあり場所も取りますので、買い出しや保管にも困るでしょ。
1食分で100円以上ですから、おやつや病気の時に食べさせる感じですね。

一方、カリカリはかなり安い物が市販されていますでしょ!
5kgのパックで2000円あたりのセール品を良く見ます。

ですが、それは人工添加物まみれで劣悪な食材のフードなのです。
最近は猫ちゃんたちにアレルギーや栄養不良の症状が出ているでしょ。
生活習慣病などはキャットフードが原因だと言いますよ。

 

安全な食事

安全で良質なフードを選ぶなら、カリカリでも200円/日ぐらいになりますね。
それに人工保存料が添加されてませんから、保存にも気を使う必要があります。

そしてウェットタイプは高いですが、必ずしも良い食材とは限りませんよ。
缶や真空パックのパッキングなどに余計なコストが掛かりますので、
その分、食材のランクを下げる事はよくあるのです。

安全なウェットフードなら300円/日以上は見ないとダメでしょう!

キャットフードは今まさに転換期にあるといえますね。
明らかに猫ちゃんたちは食事で健康被害を起こしています。

そんな中、良心的なメーカーが安全な食事を作る傾向が定着し始めています。
カリカリでもウェットでも安全な物を選ぶことができますよ!

キャットフードランキング

コメントを残す