キャットフードランキング

粗悪なキャットフードの危険性

083610ちっとも食べないので柔らかくしようと、水に浸したドライフード!
それでもネコちゃんが食べ残したキャットフードを翌日に見ますと、色が染みだしている。

試しに数日放置しておいても腐らない・・・。

これは何だ!

1.5kgで1000円弱のセール品ですが、
こんな粗悪なキャットフードは危険です!

で、このキャットフードに書かれている成分を調べてみました。

まず始めに穀類・糖類、と書いてありました。
ちなみに成分は量の多い順に書かれる決まりです。

という事は肉よりも小麦やトウモロコシが多いという訳か!

ネコちゃんのような肉食動物は穀類を上手に消化できないのです。
病気のもとになるので、食べさせない方がいいとさえ言いますよね。

肉とは呼べない物

で、問題なのがこの表示です。
肉類(ミートミール、ささみパウダー)の表示、
そして魚介類(フィッシュミール、カツヲパウダー)とあります。

肉粉・ミートミールとは、血液、毛、ひづめ、角、くず皮、糞、胃腸などの部分、
いわゆる3D・4Dと呼ばれる再利用できない部分ばかりですって。

ちなみに肉・ミートの表示も良くないですよ。骨格筋または、舌、心臓、横隔膜などです。

肉副産物ミートの表示は、肺、脾臓、腎臓、脳、肝臓、血液、骨、胃腸などのことですって。

ネコちゃんにはタンパク質が必要なのですから、
良質な肉や魚を食べさせたいと思っているのに!

これは酷いのではありませんか

人間の食材にならないものです。それに処分をするにもお金がかかってしまう。
ならばネコちゃんにでも食べさせで、逆に儲けてしまおうという考えなのですよ!
これって絶対に許せないでしょ。

それに防腐剤に着色料、香料と言った添加物のオンパレードでした。

これって食べ物かしら…?

無知な自分がつくずく情けなくなってしまいました。
可愛いネコちゃんに申し訳なくて・・・。

購入する前には成分表を確かめなければいけないと思いました。

キャットフードランキング

コメントを残す