キャットフードランキング

安いキャットフードに表記されている家禽とは?

家禽と書かなければいけない理由

083610時々キャットフードの成分表示を見ますと、
家禽という見慣れない文字を発見する事があるでしょ!

これが何を意味しているかを知っている方は少ないかもしれませんね。

家禽とは複数の家畜類から摂れるお肉の事です。
ちゃんとした肉であればメーカーは鶏肉とか牛肉とはっきり書きますでしょ。
そう書けない理由があるのでこんな言葉を使うのですよね。

はっきり言えば、家禽と表示があるキャットフードはやめた方が良いですね!

明確な規制のないペットフード

アメリカではぺットフードにも品質や原材料が規制されていて、
それはAAFCO基準に照らし合わせて作られています。
ですが、それさえ明確な規制にはなっていないとの声もありますよ。

さらに悪いことに、日本ではペットフードを取り締まる機関がないので、
日本で売られている全てのキャットフードの安全保障に関しては
メーカーの自主規制に頼る事になるのです。

ちょっと怖い話ですが、
どの牧場でも家畜にはホルモン剤や抗生物質が大量に使われています。

それで、薬剤の残留濃度が人の食用としての基準をオーバーした場合は
その肉はペットフードに使われるのが現状ですって。

その場合にもメーカーさんは家禽という言葉を表記する場合があります。

家禽と表記する場合は危険性があるのです

使用された化学物質は家畜の骨や脂肪、そして臓器に蓄積するため、
それらをベースとしたキャットフードはかなりの危険性だと言いますよ。

また、ペットフード業界では人間の食品には使用できない
「4Dミート」と言われる肉が使われたりします。

「4Dミート」とはトサツする前に死んでしまった家畜の肉などの事です。
ですから、病気や薬で死んだ場合は危険な肉である可能性があるのです。

ですが、ペットフードの食材は出所をたどるための法律がありません。
ですから、どのような食材なのかを後から追跡ができないのです。
そうなれば、あくまでもメーカーさんの良心を信じる以外にないのですね。

猫ちゃんに安全なキャットフードを食べさせるには
どうやら安全な食材で丁寧に造られた物を選ぶに越した事がないようですよ。

キャットフードランキング

コメントを残す