キャットフードランキング

安全なキャットフードに使われる保存料とは

9d53e87865f969e9771327ffddd463b7_s加工食品には添加物の問題がつきものでしょ。

猫ちゃんのキャットフードもそうですが、
化学調味料や着色料、酸化防止剤に保存料などが入っていますよね。

確かに多くの人工添加物はコストを下げるための技術であり、けして良質な食べ物を作るためとは言えません。

人工的に合成されたものは人間やネコちゃんにも、
その他の可愛いペットにさえも有毒だと言えますでしょ。

あくまでもコストダウン

では、コストを下げるためとは何でしょう?

それは品質の悪い食材を使うためなのです。
鶏のささ身やカツヲの刺身は50gでいくらですか?

これは猫ちゃんのだいたい1日分のお食事です。

ささ身なら40円ぐらい、カツヲの刺身は60円位になるでしょ。
これではコストに合わないのです。

ですから、穀物などの炭水化物をたっぷり入れて
人間が食べる肉を全部取り除いた後の廃棄する部位、
使われない内臓のところとか皮膚や毛や血、糞などなどを使っています。

ですから、どうしても添加物を入れて調整しなければなりません
酷い話しでしょ!!

品質の良いキャットフードなら

本物のささ身やカツヲの身を使っているキャットフードは
余計な添加物は殆ど要りません。とは言っても、鮮度が命です。
酸化したり痛んだりしたら食べませんので、工夫はあります。

その工夫として天然の保存料などを合わせるのです。
ローズマリーにアーティチョークやミルクシスルなど
天然のハーブが良く使われますよ。

私たちも良く食べますでしょ。化粧品にも使われる安全な添加物です。

また、ビタミンEとしてのミックストコフェロール、
植物性油脂の天然の酸化防止剤です。

品質の良いキャットフードにはローズマリーのような天然の保存料を
入れたり、フリーズドライにしたり、真空パックにすることで
腐敗や酸化を抑えています。

危険なのはBHA・BHT・エトキシンノが代表される保存料なのです。
これらの名前があるなら気を付けましょうね。

キャットフードランキング

コメントを残す