キャットフードランキング

子猫に与えるキャットフードはどうするべき?

051218生まれたばかりの子猫ちゃんを貰ってきて、
一番頭を悩ませるのは子猫ちゃんの食事ではないでしょうか?

生後6~7週間ぐらいになればお母さんのミルクではなく、
あなたの食べているものに興味を出し始めるでしょ。

でも、あげちゃいけませんよ!
それに普通のキャットフードもよくありません。
この時期はとてもデリケートなんです。

赤ちゃんネコの食事

お腹はまだまだ赤ちゃんです。それに免疫力は弱いまま。

2ヵ月齢までは子猫用ミルクがいいです。
子猫ちゃんに必要なタンパク質と免疫グロブリンがいっぱいですから。

そして2か月過ぎたら、離乳食のスタートです。
でもでも、ちゃんと子猫ちゃん用のキャットフードがあるのです。

キトン用のキャットフード

消化吸収しやすく、タンパク質が凝縮されているキトン用のキャットフードです。
キトンとは赤ちゃんネコの事です。

キトン用のフードには、ビタミンE・ビタミンC・タウリン・ルテインなどが
成猫用よりも多く含まれています。

この子猫専用のキャットフードをちょっとのぬるま湯でふやかして、
1日に4,5回にわけて、ちょっとずつ食べさせてあげてくださいね。

1日2回の正しい食事に

そして生後3ヶ月目からは、ドライフードをそのままあげても大丈夫です。
ただし食べずらくしている様ならば、まだぬるま湯で湿り気を付けてあげると良いですよ。
生後6ヶ月からは、1日の食事回数を2回に減らします。

ネコちゃんには基本的に穀物や、砂糖、スパイスはNGです。
ですからキトン用のキャットフード以外はあまり食べさせない方がいいと言います。

いくら食べたがっても、塩気の物や醤油などの調味料つきのおやつはだめ!
チョコレートなどのあまいものもだめ!
脂っこいものはもっとだめ!
冷たいものは寒冷刺激で腸炎になるからだめですよ!

良い食習慣は子猫のうちからです。
良質な子猫ちゃん用のキャットフードを探してあげましょう。

キャットフードランキング

コメントを残す