キャットフードランキング

とうもろこしなどを主原料にしたキャットフード

主成分になっているとうもろこし

074098キャットフードのカリカリは大変多くの種類が市販されています。
ですが、そのキャットフードのほとんどにはとうもろこしが使われていますね。
小麦粉やとうもろこしが必ず主成分のグループに顔を出しているのです。

さて、猫ちゃんの食べる食事とはどういうものでしょうか?

猫ちゃんは肉食ですから、もちろん肉や魚が主食になるでしょ。
必要な栄養素はと言いますと、動物性タンパク質と動物性脂肪になります。

猫ちゃんのためにキャットフードを作るならば、
自然のお肉か魚で作るのが普通ではないかしら!

多くのブランドが穀類を使う理由

ですが、ほとんどのブランドが穀類をそれも一番安いコーンスターチや小麦粉
を主食材にしているのですから不満が湧いてくるのです。

炭水化物は腸の短い猫ちゃんには消化不良を起こすので良くないそうですよ。
また、炭水化物をほとんどエネルギー源にしていませんので無駄でもあります。

そういった食材を使う理由は何でしょうか?
意地悪な言い方をすれば、それはコストカットのためですね。
高いお肉を使えないので、代わりに量増しで入れているのでしょう。

精製された糖度の高い穀類

精製されたコーンや小麦粉は中毒性がありますから、
猫ちゃんによっては過剰摂取をして肥満になる子もいるでしょう。

また、猫ちゃんのアレルゲンとしても良く知られていますね。
できれば食べさせない方が良い食材だと言えますよ。

でも、プレミアムクラスのキャットフードでさえ主原料にしています。
全粒粉を少量であれば食物繊維やミネラル・ビタミンとしては良いでしょう。
ですが、精製されたとうもろこしを使うのはどうでしょうかね?

ローテーションをしたり、トッピングをしてそのようなフードを食べさせる事は
もしかしたら猫ちゃんに深刻な病気を作っている事になるかも知れませんよ!

キャットフードランキング

コメントを残す