キャットフードランキング

肥満になってダイエットをするなら、まず良質なキャットフードに替えてみて!

猫ちゃんは身軽なハンターでした

猫ちゃんの祖先は狡猾で機敏なハンターでした。単独行動の肉食動物で、
狩りが成功した時だけ食事ができたので、肥満などの心配など無かったのですね。

しかし、その後人間社会に上手く溶け込み、現在のように人間と一緒にペットとして
飼われるようになってからは、狩をしなくても済みますし、安全も保障されてますので、
身体的に研ぎ澄ましておく必要も無くなったのですね。

それに、飼い主さんにとっては少し太っているくらいの方が可愛いと思うでしょ!

マンション飼いを始めとした、室内だけで飼われている猫ちゃんの40%近くが
肥満体質でダイエットの必要があると言われているそうですよ。

 

ダイエットのためにカロリーオフ

肥満になったからといって、いたずらにダイエット食を与えるのは危険ですね。
もともと代謝の高い猫ちゃんですから、体を作るための材料が不足してしまう様な
栄養バランスの悪い食事は健康を害してしまいます。

特に動物性のタンパク質は体を作る材料ですので、
カロリーオフの際にも決して分量を落してはいけないのですって。

脂肪に関しても慎重になった方が良いですね。
特に不飽和脂肪酸は良質のエネルギー源であると同時に体を作る材料でもあります。
中性脂肪やコレステロールを適正にコントロールする役目もあるのです。

カロリーカットを考えるなら、炭水化物や植物性タンパク質をカットすべきです。
摂り過ぎている糖質を減らすことが健康に良い事は私たちでも同じですよね。

 

キャットフードを見直す事で肥満対策を

市販のキャットフードの多くは穀類などの炭水化物で糖質過多になっています。
それなのにダイエットフードにも炭水化物がたっぷりですよね!

炭水化物は猫ちゃんにとって迷惑な成分です。あまり必要のない栄養分でもあります。
本来なら根菜類などに含まれるわずかな糖質で十分とも言われていますからね!

穀物フリーでホリステックなキャットフードが人気なのは栄養バランスが良いから。
ナチュラルで良質な食材のキャットフードですから人工添加物も不必要ですし、
高タンパク高脂肪なので食べ応えがあり、肥満になりにくいと言いますよ。

そして、おやつなどは基本的に控える食生活を整えてあげるならば、
室内飼いの猫ちゃんもいたずらに太ったりはしないものです。

飼い主さんが何か食べている時は猫ちゃんもそれを食べたくなるものですよね。
ですので、食事の時間は一緒に食べるようにすると良いかもしれませんよ!

キャットフードランキング

コメントを残す