キャットフードランキング

置き餌はフードを劣化させる危険があります!

置き餌を食べてくれない

067246大袋のキャットフードを猫ちゃんにあげている飼い主さん。
猫ちゃんが途中で食べなくなってしまうのは何故だと思いますか?

また、夜中に出しておいた置き餌(夜の食べ残しもですが)が
朝まで食べずに残っている事はよくあるでしょ!

二つに共通しているのは長時間の空気接触状態ですね。

キャットフードは脂肪分が多いので酸化し易い食べ物だと言います。
タンパク質の含有量も高いので、それは腐敗しやすいという事もあります。
日本は高温多湿の気候で、キャットフードが痛むのは早いそうですよ!

もし、猫ちゃんがお腹が空いていて仕方なく痛んだキャットフードを
食べているとしたらどうでしょうか?かなり危険なことでしょ!

置き餌などで空気に触れていると

酸化した油分は過酸化脂肪酸になり悪玉コレステロールを増やします。
それは動脈硬化や肝機能障害、ガンを起こさせる危険さえあります。

痛んだタンパク質は消化不良でお腹を壊します。
そういう状態が続けば慢性的な栄養失調になってしまう事でしょう。

大概の場合はそのように劣化したキャットフードを
猫ちゃんは危険視して食べたがらないものですよね。
飽きてしまうと多くの飼い主さんが悩んでいますが、
それは置き餌や保存方法の間違いでキャットフードが劣化しているのでは!

保存料が入っていない限りはお皿に出したキャットフードを
半日も置き餌にしてはいけないと言います。

厳しいブリーダーさんは1時間たったものはけっして食べさせないそうです!
お皿もいつもきれいにして使っているともいいますから、
是非そのようにしてみるのは如何かしら!

良質のキャットフードを丁寧に食べさせてあげて下さい

保存の方法も丁寧にすることができますよ。
密閉式のタッパなどに1日分ごとに小分けして、
空気を抜いてから冷凍保存にするのです。

食べる時は冷蔵庫でゆっくりと解凍すると痛んでいない状態で食べられます。

それから、キャットフードに変な添加物があれば、
それだけで食べなくなる猫ちゃんは多いですね。
始めは匂いなどに誤魔化されて食いつきますが、
いったん危険を察知すれば見向きもしない。猫ちゃんはそれぐらい用心深いです。

キャットフードを無駄にしないためには、
良質のキャットフードを丁寧に食べさせてあげると良いのでは!

キャットフードランキング

コメントを残す