キャットフードランキング

キャットフードの良い保存方法と食べさせ方

良いキャットフードは良い状態で食べさせたい

口コミサイトなどの評判から、カナガンやアカナ・オリジン、ファインペッツ
といった超プレミアムなキャットフードを選んでいる飼い主さん!

ナチュラルでこだわりのキャットフードをご購入なさった時の保存方法や
食べさせ方はどうの様に気を使っていらっしゃいますか?

まず、保存方法では腐敗させない事と酸化させない工夫が必要ですよ。

一般のキャットフードには痛まない様に防腐剤がたっぷりまぶしてあります。
それから油分はすぐに酸化(サビ)するので、酸化防止剤もかなり入っています。
ですが、これら化学合成の薬品は体にとってはたいへんに危険なのです。

無添加なキャットフードにはこのような薬を使用しませんので、
適切な保存方法をしないと、すぐに痛んでしまいますよ!

保存方法は冷凍が最適です

キャットフードのパックはできるだけ小さい方が良いですね。
複数飼いの時のみ大きなパックを買う様にしましょう。

購入したキャットフードはすぐに小分け処理をします。
1日分ごとに真空パックするのが有効な保存方法ですよ。

空気抜き機能が付いたジプロックやタッパにグラムを計って小分けします。
しっかりと空気を抜いたらすぐに冷凍庫に保存してください。

食べさせ方としては1時間前に冷凍庫から出して、
自然解凍をしてからニャン子にあげてくださいね。

食べさせ方のコツ

食べさせ方にもコツがあります。
ご飯を上げる時に気を付けたいのが食器の衛生管理です。

キャットフードを入れる前に食器をしっかりと洗って、
水分を完全に拭き取ってあげると安心ですね。
また、その時は常温のお水もたっぷりと用意します。

あまりお水を飲まない様であれば、骨だしのスープを与える手もあります。
具は入りません、鶏ガラでも魚の骨でも、あるいは本だしのスープでも
冷ましたスープなら猫ちゃんは喜んで飲んでくれますよ。

そして、出した食事は30分ぐらいで処分しましょう。
それ以上置いておくと酸化が始まり、痛みだす危険もあります。

ですから1回に食べる分量を見極めてあげる様にしてください。
特に梅雨場は長く置きっぱなしにしない方が良いですね。

猫はとても用心深く、几帳面な動物です。
ちょっとした不安感で食べる事を止めてしまう慎重タイプなのです。

ですから飼い主の皆さんも保存方法と食べさせ方には慎重に!
もちろんキャットフードの質にもこだわりたいものです。

キャットフードランキング

コメントを残す