キャットフードランキング

キャットフードは酸化しやすいもの

026598買ってきたキャットフードをどうしていますか?
まさか封を開いて、そのまま戸棚に保存してはいませんか?

猫ちゃんの嫌いなものは酸っぱいもの、
そして腐ったものです。
これは用心深い肉食動物の本能です。

病気の原因となる細菌やウイルスを取り込まないために、
体に悪い酸化物を食べないために、ネコちゃんは鋭い嗅覚を持っています。
ですから酸化した酸味も大嫌いなのです。

酸化って何?

でも腐敗は分かると思いますが、酸化とは何でしょう?

それは食べ物が酢の様に酸っぱくなることです。
特にキャットフードの成分で酸化しやすいものは脂肪分ですって。

油が酸化するとまず、粘っこくなってしまいます。

換気扇やカスレンジがベタベタしているでしょ。
もともとはサラサラの油だったはずです。

油が酸化すると最終的に「過酸化脂質」というものになるようです。
「過酸化脂質」は体内でコレステロール値を上昇させる厄介者です。
強いては動脈硬化を起こす怖い物質なのです。
可愛い猫ちゃんをそのような目には合わせたくありませんよね!

酸化を防ぐ

酸化を防ぐには酸素に触れさせない事です。
できれば真空パックに入れるか、脱酸素剤を使うと良いでしょう。

ドライならば1日分ずつに小分けして冷凍保存をすると2,3カ月は保存できます。
ウェットタイプでも冷蔵庫で冷やして保存した方が酸化を防げますよ。

猫缶だろうとアルミパックだろうと、中には空気が若干含まれていますから、
冷蔵保存が安全ですね。

解凍する時は冷蔵室に移してゆっくり解凍ですよ。
自然解凍も電子レンジ解凍もやめた方が良いです。

食べる時は少し部屋に置いてから常温にしてあげるのも忘れずに!

キャットフードランキング

コメントを残す