キャットフードランキング

キャットフードのマグネシウムが多いと尿結石に!

a1180_006887猫ちゃんがかかりやすい病気は尿結石とよく言われます。
普段の生活であまり水を飲まないようですと尿結石になりやすいとか、
去勢をした後もかかりやすいと言われますよね。

これはミネラルのうちのマグネシウムやリン酸塩が尿中で結晶化し、
ストルバイト結石になって尿路に溜まり、おしっこが出にくくなる病気です。

尿結石を防ぐには「尿中のアルカリ濃度を高くしない」事と
「過剰なマグネシウムを摂取しない」の2つですって。

キャットフードは成分表を確認して

尿のアルカリ濃度が高いほど、尿結石ができやすいようです。
植物性タンパク質の多いキャットフードは、尿をアルカリ性にするそうです。
やっぱりタンパク質は肉か魚からですね。
また、マグネシウムやリンは必要な要素ですが過剰摂取がいけません。
上限は20mg以下と言われています。一方で、AAFCOが出している
マグネシュウムの最小基準値が100cal中で10mgになっています。
マグネシウムを押さえ過ぎるとシュウ酸カルシウム尿石症になるからです。
ですから10mg~20mgと言う事になります。
またリンは110mg~240mgですよ。

キャットフードの成分表をチェックしたいですね。
劣悪な食材ですとマグネシュウムやリンを多く添加していますからね。

尿チェックもして

尿のアルカリ化をチェックするのはリトマス試験紙で出来ます。
そして尿をアルカリにしないキャットフードもあるのです。
pHケアと書かれたキャットフードはミネラルの成分を調整してあって、
尿のpH値や尿比重に十分に配慮されています。

もちろん毎日の食事ですので、栄養バランスが良く、
アルカリ化を防ぐ動物性タンパク質をしっかりとベースにした
無添加なキャットフードが安心ですよね。
それとストレスを溜めない生活習慣も大事です。

キャットフードランキング

コメントを残す