キャットフードランキング

カリカリって何?

a1180_010555カリカリって何?て思う方も多いでしょ!
ネットでもカリカリ・カリカリ言っていますよね。
それはドライタイプのキャットフードの事です。
食べる時のカリカリ・カリカリという音からそういう名前で呼ばれているのです。

ドライフードの与え方

カリカリはドライですから腐敗に強く、長期保存が効きますね。
ですが、乾いていますので、猫ちゃんにとって大切な水分補給で
工夫が必要になる事もあります。
良くぬるま湯でふやかして食べさせる飼い主の方もいるようです。
こうすると匂いも立ちますから、猫ちゃんも喜ぶでしょう。

保存方法は

飼い主さんたちのキャットフードの保管を見ていますと、
開封したらパッチンハサミなどで口を縛って、
そのまま茶箪笥などにしまっている方が多いみたいです。
でもそれではすぐに酸化してしまって、
微妙に酸っぱくなっていくのを知っていましたか?

品質の良いキャットフードなら、尚更なのです。
酸化防止剤は天然のポリフェノールやビタミンC・Eですから、
それ程強くないのですよ。
もちろん防腐剤も天然ハーブなどです。
となれば保存方法に工夫をしたいところなのです。

もし、そのまま放置すれば酸化と腐敗の作用で、
カラダに悪い成分に変わってしまいますよね。

特にビタミンB1が壊れやすいです。
猫ちゃんはビタミンB1欠乏症になって、
食欲低下、嘔吐、瞳孔が開く、フラフラ歩きなどノ障害が出ます。
それに脂肪分が酸化すると、過酸化脂肪酸になり肝臓を傷め、
悪玉のコレステロールを増やして、動脈硬化になることも・・・。

解決策は空気を抜いて

開封したら密封できる容器やビニール袋などに小分けしましょう。
そして空気をしっかり抜くことがポイントです。
真空パック機が良いですね。掃除機みたいなやつです。
それから、乾燥剤や脱酸素剤は比較的に安いので便利ですよ。

パックしたキャットフードは出来れば冷凍庫に保存したいものです。
スペースが無ければ冷蔵室でも良いですが、短期間で食べきって
しまう量を買い足すべきです。そして、食べさせてあげる時は、
冷蔵室にで解凍させて、さらに常温で15分から20分置いておくと、
丁度良い温かさになりますよ。一度試してみてくださいね!

キャットフードランキング

コメントを残す