キャットフードランキング

アレルギー対策にはグレインフリーのキャットフード

アレルギーな猫ちゃんが増えています

「やだ、うちの三毛ちゃんに禿げが出ている!」

猫ちゃんのブラッシングをしている時にふと
肌のブツブツやタダレ、脱毛を見つけてしまう事ってあるでしょ。

気が付くと体を柱や机の脚にこすり付けて、
モジモジしていたりするものですよ。

そんな時はまずアレルギーを疑ってみてください。
湿疹や水膨れなどもアレルギーから起こっている場合があります。
また、猫ちゃんには花粉症もでますし、ホコリアレルギーもあります。

これらアレルギー症状の原因はいったいなんでしょう?

添加物でアレルギー体質になる

良くアレルギー体質と言いますよね。
原因は体内に蓄積した不純物の影響ですって。

免疫機能ってご存知でしょ。
体に異生物が侵入すると攻撃して、殺してしまう体内の警官です。

この免疫細胞が、排泄できない不純な物質によって狂ってしまうのが
アレルギー体質です。そうなるとウイルスなどに組織が似ている
ある種のタンパク質にも過敏に反応して、暴れ出してしまいます。

それは肉や魚の肉であったり、小麦粉やトウモロコシの植物性タンパク質
の場合もあります。また、穀類は猫にとって負担の大きな食材ですよ。
アレルゲンにもなりまし、肥満の原因でもあるのです。

要するに猫ちゃんがアレルギー体質になる原因は
毎日食べている劣悪なキャットフードのせいなのです。

キャットフードには大量の化学物質が添加されていますので、
それが体内に溜まって体の機能を狂わせてしまうのですね。

無添加なナチュラルフードを

最近ではグレインフリーのキャットフードが選ばれています。
穀物未使用のグレインフリーであればアレルギー対策になりますし、
不健康な体質を徐々に改善していく優れた効果があります。

もともと肉食の猫には穀類は必要がないのですって!
飼い主の皆さんも是非、この点を考えてみてくださいね。

アレルギー症状意外にもキャットフードの健康被害があります。
毒を排除する肝臓やそのサポーターである腎臓も壊れますし、
肌のバリア機能も低下し、肌を荒れさせてしまいます。

ですから、無添加で丁寧に作られたドッグフードを選んであげましょう。
中国の医食同源という考え方は優れた医療理論だと言われます。
万病を改善する力が食事にはあるという事でしょう!

キャットフードランキング

コメントを残す