キャットフードランキング

アレルギーの症状が出る前にキャットフードを見直して体質改善を!

アレルギーの原因は蓄積された不純物

肌に赤い湿疹がでたり、毛並みがパサパサしているとしたら
それはアレルギー性の皮膚炎の始まりかもしれませんよ!

免疫障害はまず肌から現われると言いますから、
普段から毛並みや肌のチェックをしておきたいものです。

アレルギー性皮膚炎によく見られる症状は、初期症状としては顔周辺、足、
下胸部、腹部に痒みが起こります。猫ちゃんが引っ掻いてさらに悪化しますので、
皮膚感染症や耳の疾患が現れるのです。地肌が赤くただれているのがそうですよ!

放っておけば肌組織が破壊されて脱毛症になってしまいますね。

 

そもそもアレルギー体質って何?

アレルギーと聞くとすぐにアレルゲンの特定を考えるようですが、
それはいわゆるスイッチでしかありません。

今まで大豆に小麦、豚肉だけだったとしても、明日はさらに大麦や鶏がアレルゲンに
なっているかもしれません。はっきり言ってアレルゲンはどんどん増えていきます。

そもそもアレルギー体質って何でしょう?

それは体に溜まった不純物が毒性を帯び、身体機能を阻害する事で始まるのですって。
体に在ってはいけない物質が蓄積されて、排除できなくなるとアレルギーが発症します。
キッカケは小麦かもしれません。でも小麦を摂取しなくても体質は変わらないのです。

免疫機能は体を守るために絶えず緊張状態にありますでしょ。
そうしているうちに、細菌と間違えてタンパク質を怪しんでスイッチが入るのです。

 

キャットフードを見直してみる

最も良い治療法は食事療法による体質改善と言います。
私たちも最終的にはその治療で完治する事ができていますね。

さて、毎日食べているキャットフードはどうでしょうか?
毒素になる不純物がたっぷりと入っているのではないでしょうか!

人工の合成添加物や猫ちゃんにとって消化吸収に不向きな
植物性タンパク質である穀類などがたっぷり含まれていませんか?

治療に良いキャットフードとは、タンパク源の肉・魚には飼料にも化学合成添加物
やホルモン剤、抗生物質、成長促進剤などを使用していない健康な身肉のものです。

アレルゲンになりやすいグルテンや大豆を避け、オーガニックな根菜類を使用。
栄養補助のためのビタミン・ミネラルの添加も天然物を心掛けているメーカーさん。
そのような安全なキャットフードで、これ以上の不純物をカットする事ができます。

後はちゃんと運動をさせて、新陳代謝を高めて体質改善をすることにつきますよ!

キャットフードランキング

コメントを残す